社員紹介

工事部 維持課 歌住 雅秀
歌住雅秀 1

感謝する気持ち それが私の原動力。

私は現在、皆さんが毎日使用している道路(現在は国道を担当)の維持管理する仕事をしています。普段は道路のパトロールを行い、道路に異常がないかを確認するほか、風などによって道路上に飛ばされてしまったゴミなどの清掃を行なっているのですが、どのような場合でも迅速に行動し、安全に使用できる道路を守るため、24時間365日監視できる体制で対応しています。
そのため、夜中や早朝でも道路に異常があった場合には駆けつけなければならず、この仕事についたばかりの時は、早起きが苦労の一つだったことを覚えています。

最近では異常気象も多く、強風で街路樹が倒れたり、視界不良による事故なども多くなってきていることから、出動回数も増えてきています。
でも、そういった中で「いつもありがとうございます」と優しく声をかけて頂くこともあり、自分たちは、人々の役に立つ仕事をしていると改めて感じるとともに、次の仕事への活力をもらっています。

道路は様々な人が行き交い、そこでは様々な考えや感情も行き交っています。時には厳しい言葉を頂くこともありますが、この仕事は道路沿いに住む住民の皆さん、道路を使用しているドライバー、そして一緒に道路の維持管理をする仲間の協力があって、はじめて形になる仕事です。
「一人ではなにもできない」と痛感する事も多いですが、人とのつながりの中で、様々な情報をいただき、感謝の中から新たな人とのつながりが生まれます。
だからこそ私は「何に対しても感謝する気持ちを持って仕事をしていきたい」そう思っています。

トランシーバー画像

学生へのメッセージ

歌住雅秀 2

私の場合、ゼミの先生からの薦めで入社試験を受けたこともあり、最初のうちは「重機に乗って現場に出るのかな?」など間違えた想像もしてました。
入社後は右も左もわからない状況でしたが、先輩の的確なアドバイスやコミュニケーションの中から、個人としての自分の役割や仕事への向き合い方を学ばせてもらったほか、会社として、集団として何をするべきなのかを、常に教えていただき、今の自分がいます。
私たちは現場を管理し、安全に作業を進めるための仕事を主に担当します。目標達成が必ず必要な現場ということもあり、大変なこともありますが、どんな時でも経験豊富な先輩が側にいて、サポートをしてくれます。
仕事以外でも相談に乗ってくれる仲間も、個性を認め、その思いを形にするサポートをしてくれる環境ですので、学生のみなさんも安心して入社してほしいと思っています。

1日のスケジュール

7:30 出社
仕事の準備
  • 天気予報のチェック
  • 作業内容の確認
8:00 朝礼
  • ラジオ体操
  • 維持作業班への作業指示
  • 安全指導
道路維持作業スタート
  • パトロール
  • 報告書まとめ
12:00 お昼休み
13:00 午後の打ち合わせ
  • 明日の作業の打合せ
  • 各作業の進捗状況、支障案件等の確認
事務所での作業
  • 役所との打ち合わせ
  • 住民からの依頼に対する対応
  • 午前のパトロールによって見つかった事案の対応検討
  • 日報整理
休憩(30分)
17:30 作業終了
  • 一日の作業の確認
  • 事務作業

過去の実績

  • 砂原漁港北外防波堤建設工事
  • 追直漁港西側防波堤ケーソン製作その他工事
  • 北海道縦貫自動車道剣淵北工事
  • 第2横線幹線新設工事その6No.5ー0001
  • 浦河港異形塊製作工事
  • 前田幹線新設工事その2No.9−0023
  • 枝幸港防波堤波除東建設その他工事
  • 三石漁港南防波堤改良工事
  • 一般国道12号 札幌市 白石道路維持除雪外一連工事
  • 岩見沢石狩線防B交安工事(債務)

資格

  • H15年 1級土木施工管理技士
  • H15年 監理技術者資格者